HOME > レジェンド松山のブログ

9月18日(月・祝)の練習

今日は午前中がアドバンス(A)、ブレイクコースの練習(B)、午後がチャレンジ(C)、シュートコース(S)の練習でした。

 

A・Bコースの選手達へ

元気いっぱいです。頑張ろうとする姿勢が素晴らしいです。返事や、機敏な行動もよく実行できています。

さあ、これからは、その姿勢、行動をプレー中に出せるようにしましょう。ドリブルやシュートのドリル、1ON1など一つ一つのパーツでの練習では、その行動が出来始めていますが、ドリブルダウンで視野等を含んだ複合された項目になると、すでに出来始めているスキルをすべて忘れて、「こわごわ」になってしまうことがあるので、勇気を出して挑戦しましょう。(忘れる・・ということは完全に身についているとはいえません。考えなくても体が勝手に表現してこそ、身に着いたことになるので、基本練習を嫌がらずこれからも努力しましょうね)

今、6年生の数人から、やってみよう!!とするし、間違いを指摘されても、「あっ、そうだ!!やってみます!!」の姿勢が見え始めました。うれしいです。でも、レジェンドに何のために来ているのかがわからない選手もいます。今の自分に満足したら、今の自分でまっいいか・・・どうせ自分は・・と思ったら、成長はそこまでなのですよ。たくさん叱られた子供たち、今の自分でいいのか・・・よ〜〜く考えましょうね。

子供たち!コーチ達は、褒められたことを書いてくるノートの数が多くなることを楽しみに、楽しみに待っています。

 

Cコースの選手達へ

体のバランスがとても良くなり、ラダーを使ったピボットや大切な止まり方など基本姿勢がとても良くなりました。練習に一生懸命取り組んできた努力の成果が出始めています。これからはそのスキルをたくさん動きながら発揮できるような練習になっていくと思いますから、バスケット選手として大切な「コートでの立ち姿のしっかりした選手、ボールを持ったとき、持っていない時に、バランスよく体を動かせる選手」に成長していきましょう。

 

Sコースの選手達へ

項目をきちんとやるたびに、下半身、上半身ともにしっかりとしたフォームになりつつあります。単調な練習の繰り返しですが、このフォーム固めが出来てこそ、後々のシュート力につながります。ゲームでは、今行っているスピードでなく、もっと早いスピードでのショットになりますから、フォームが崩れます。だからこそ、飽きることなく集中力を持って1本1本の練習を大切にしましょうね。早く入ったときの感覚と同じショットが繰り返し打てるよう、体に(脳に)しみこませる努力をしましょう。

 

 

 

 


台風18号

台風の大雨、すごすぎました。皆様の地域は大丈夫だったでしょうか。たくさんの地域で被害が出ています。心が痛みます。

被害にあわれた方々に、心からお見舞い申し上げます。

 

一日も早く、復旧が進み、心の回復もなされますことをお祈りしています。

 

 


新学期

あわただしかった夏休みの行事が終了し、レジェンド松山も「新学期」です。

 

レジェンドクラブ、アカデミーの練習項目の多くが変わりました。 選手のみんなのスキルが少しずつ上がっていることが、とてもうれしいです。 と同時に、アカデミーの選手達のメンタル面が強くなり始めました。

コーチの注意に対し、できるかなぁ・・と不安顔が目立っていましたが、やってみよう!の顔と力強い返事が返ってくるようになりました。取り組み方も全力を出そうとします。休憩のたびに自分たちから話し合って、掛け声をかけ始める姿は、本当にいじらしく思います。その姿に、コーチたちも、頑張ろう!!という想いが沸き出ます。

もちろん、まだ、すべての選手がそうではありませんが、そういった雰囲気を作り始めた選手についていこうとしています。これからの成長の期待「大」です。

練習項目は、新しいものもありますし、これまでの項目にディフェンスをつけて、実践につなげたものも行い始めました。

子供たち、一番強調している、「視野」とともにしっかり身につけていきましょうね。

 

夏休みの間、自チームの活動が忙しくて、参加が出来なかった子供たち! コーチ達はまっています。「しばらく練習に行っていないから、わからなかったらどうしよう・・・」なんて思わず、「一歩踏み出す勇気」を持って、体育館に来てください。

顔をみせてください。楽しみにしています。

 

さてレジェンドクラブの選手達!  中だるみの季節かな。 あなた達はもう中学生。コーチ達からやんややんや言われず、これまで受けた「メンタルとスキル」の内容を思い起こし、これから自分たちがどのように行動し、口だけでなく、本当に自分の殻を「ぶっ壊し」、「迫力ある全力」と「はじける笑顔」の充実した練習環境を作り出していけるか・・・コーチたちは待っています。

「今日の練習も、最高!!」と言って、あなた達とハイタッチして終わりたい!!!