HOME > レジェンド松山のブログ

愛媛県議会スポーツ振興議員連盟表彰式

9月11日(火)愛媛県議会スポーツ振興議員連盟表彰式が18:00〜国際ホテル松山で行われ、出席してまいりました。

この賞は、愛媛県のスポーツの普及・発展のため、長年活動してきた団体及び個人に贈られるものと伺っております。

この度、愛媛県バスケットボール協会のご推薦をいただき、多くの推薦者の中から選んでいただきましたことが本当にありがたく、嬉しく思っております。

式典は、戒能議員連盟会長ご挨拶、受賞者の紹介、表彰式と続き、来賓の皆様からご祝辞をいただき、懇談会に移りました。

受賞者は、相撲、陸上、ソフトボール2名、銃剣道の分野の方々で、バスケットボールの私を含め6名でした。

 

来賓として、副知事、県議会議長、県スポーツ協会名誉会長、県教育長、スポーツ文化部部長、県スポーツ協会常務理事兼事務局長、県スポーツ局地域スポーツ課長、県スポーツ局競技スポーツ課長、教育委員会管理部保健体育課長がおられ、その上、27名もの県議会議員の皆様が出席されていました。

残念ながら、県バスケットボール協会会長の徳永議員は出席しておられませんでしたので、ご挨拶とお礼を申し上げることが出来ませんでした。出席者の皆様が気さくに話しかけて下さり、おかげさまで、話が弾みました。
 

表彰式では表彰状とA4サイズのりっぱな盾、副賞をいただきました。早速事務所に飾らせていただきました。

今回の賞は、この23年間多くの皆様がレジェンド松山に対して注いで下さったありがたい想いで、ここまで育てていただいたおかげです。費用がかかっても参加させてくださった保護者の皆様、楽しいときも、苦しいときも、そして叱られても通い続けてくれた卒業生たち、わが子が卒業しても後援会員として残り、いまだに支えてくださる後援会の皆様、そしてボランティアでレジェンド松山の根幹をガッチリ支え育ててくださるコーチ、スタッフの皆様、黙って物心共で応援してくださった支援団体の皆様、すべての方々に心から御礼申し上げます。本当にありがとうございます。

 

今、JBA30年構想の改革が進められる中、まだまだ先行き不透明な部分が多々ありますが、愛媛県バスケットボール協会や、皆々様のご指導、ご支援、お力添えをいただきながら、内容の充実を計り、微力ですがバスケットボール界、スポーツ界の普及・発展に向け、さらに力を尽くして行きたいと心を新にいたしました。


アカデミー、新玉夜練習

今年度から始まった夜練習は、10回目を終えました。手探り状態でしたが、だんだんリズムがつかめ、参加するメンバーも固定し始めたので、この夜練習は、1ON1に重点をおいて練習することにいたしました。

他の項目は、アカデミーの定期練習で行い、どんどん1ON1をやり、この分野に強い選手になって欲しいです。

昨日は台風の警報の影響で、4日の学校が休みとなっていたので、保護者の皆様に許可をいただき、ぎりぎりの9:25分まで練習できました。おかげさまでゲームのどこで、どのような状態を作り1ON1に持っていくか説明するところまで出来ました。

練習したことを最後にゲーム等で試して終わる事はとても大切で、子供たちが覚えているうちに表現につなげることが出来たので、上達の度合いに変化が見えました。この繰り返しを続けることで学んだことを体得することが出来るのですが、夜練習は時間が短いので、コーチたちももっと工夫箇所を模索してみます。

子供たち、明日は学校がお休みですね。家庭学習頑張れ、そしてバスケ学習もしっかりやっておこうね。


ディスカバリークラブ・サマーキャンプ2日目

心配した熱や体調不良、はたまたホームシックで、夜中に車を走らせることもなく、無事朝を迎えました。

朝食は7時半。キッズたちは6時50分にはもう部屋を出て、食堂近くでワンちゃんと戯れている。夜おそかったのに、眠れなかったのかなと思ったがかわいい寝姿を写真に撮られたことも知らず眠っていたとのこと。リーダたちの気配りで朝食もスムーズ。小さな子が多いのに、本当にすごい。

午前中は水生生物の観察。水中用の小さな網を持って、石を転がし、石の間をまさぐり生物を探す。8月末になるとみんなに嫌われている「吸血鬼・ぶと」がいなくなるそうで、かまれることが少なくてとってもありがたい・・・がかまれる体験、すごくかゆい体験もして欲しい。松山の中心部に近い川では見られなくなったかげろうやカワゲラ、トビケラ、カジカのおたまじゃくし、吸盤を持った幼魚などが見つかるたびに、I先生のところに飛んで(ではないな・・)石の要塞に悪戦苦闘しながらたどり着き、なんだ、なんだと聞いている。さすが先生は生物がいるところをよく知っていてたくさん見つけてくれる。みんな結構見つけることができ写真で名前を確認したり、だれが取ったと自慢したり・・。

元いた場所に生物を返し、そのまま遊びたいけどがまんして、昼食。だいすきなカレー。やっぱりよく食べる。が・・・・・

ここで、初の事件勃発。その内容はキッズの努力に免じて、公開は控えさせていただきます。1時間余り遅れての川遊び開始!!

2日目は渡邉コーチが参加してくれ、コーチの数が増えたので、大きな岩から飛び込めるし、川幅が広く少し深いのでゆったりあそべる場所に移動。もうだれもいなかったので「プライベートリバー」状態。回ったり、ポーズ作ったりで飛び込みまくり、トランポリンや浮き輪で、それぞれが遊びを考えたり、コーチに甘えたり、寒くなったら石にしがみつき、ガラパゴスのイグアナ状態で笑ったりと世話をやかさず、たっぷり、思い切りあそびきることが出来ました。今年は下級生が本当にチャレンジャーで、水を怖がらず大胆不敵な行動をしていましたが1名だけ、飛込みが出来ない1年生キッズがおり、ずっと様子を見ていたのですが最後に勇気を持って岩から飛び込み、ほんのちょっとみせた「どや顔」が本当にかわいかったです。最高の勇気を自分で出したT。これからの行動が変わりそうで楽しみです。

リーダー3人よく頑張りました。帰りのご挨拶に行った時、総リーダーのNに、I先生が「あなたの気配り、下級生の面倒見はすばらしかった」と声をかけてくださいました。よかったね。ありがとうございました。ふれあいの里の皆様のおかげで今年もキッズ達はたくさんの貴重な思いでが出来ました。心から感謝申し上げます。また、来年もよろしくお願い致します。

帰りのバスはノンストップ。なぜならみんな寝てしまって、トイレ休憩がいりませんでした。みんなの命、無事保護者の皆様にお返しできました。
キッズ達、今夜はどんな夢を見ますか。ゆっくりやすんでね。コーチ達もゆっくり休みます。おやすみ。