HOME > レジェンド松山のブログ

2019・レジェンドカップ 選手宣誓全文

先日のブログにも書きましたが、レジェンドカップは1日目の夜、全体交流会を行います。
毎年、会の後半に「くじ」を引き当てたチームのコーチ、保護者の方に「宣誓」を行っていただいています。
毎年、それはそれは心のこもった「宣誓」が聞け、本当に楽しくもあり、ちょっぴりキュンとくる内容です。
選手宣誓は、レジェンド側で選ばせてもらっています。今年は倉敷市真備町の2名の選手に行っていただきました。
彼女達だからこその、心震える宣誓でした。
真備ミニバスの監督にお願いし、「あの想いをこのブログで伝えたい」とお願いしたところ、保護者に確認し、快諾を頂いてくださり、氏名の記載についても特に構わない、とのお返事をいただきました。ここに記載させていただきます。
以下、全文です。
 2018年7月、西日本豪雨により、私達の家がある倉敷市真備町は、被災し、たくさんの犠牲者が出ました。練習場所も浸水し、部の用具、ユニホーム、練習着などすべて無くなってしまいました。そんな時、いろんなチームの方がたくさんの支援をして下さいました。そして少しずつボールなどもそろい、練習が出来るようになりました。
 被災した時、何も出来ず、辛くて、悲しい気持ちでした。
みんなと会って、練習したり、たくさん話したりしているうちに、楽しく、元気を取り戻すことができました。
 かんとく・コーチ・ミニバスチームのみなさん、私達にバスケが出来る環境を作ってくださり、本当にありがとうございました。
 お父さんお母さん、いつも忙しいのに送り迎えをしてくださってありがとうございました。
 みなさんの支援があったからこそ、私達はレジェンドカップに参加することが出来ました。
 試合の時、いろんなチームが応援してくれた事、たくさんの支援をいただいた事、前に進んでゆく勇気をもらったこと、私達は一生忘れません。
どんな困難にも負けず、一生けん命取り組み、何事にも負けない気持ちで試合に臨むことをちかいます。
平成31年2月9日   倉敷選抜  小林 千夏(こばやし ちなつ)
                                                福谷 輝咲(ふくたに きさき)

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック