HOME > レジェンド松山のブログ

2019レジェンドカップ Division

長い間、ブログをお休みしてすみません。

レジェンド松山の最大のイベント「2019 レジェンドカップ・東日本大震災、西日本豪雨 被災地復興支援大会」の準備に奔走いたしておりました。おかげさまで2月9日(土)、10日(日)の2日間で無事開催することが出来ました。詳しい事はトップページにすでに掲載しておりますが、コート上では勝敗をかけた熱戦が繰り広げられ、コート外では参加者全員がホテルの大宴会場で、チーム紹介や名刺交換(選手手作り)クイズ大会などを楽しみました。今回倉敷選抜女子チームの中に豪雨で甚大な被害のあった真備町の選手が2名参加してくれ、交流会の最後に選手宣誓を行ってくれました。2人で被害の様子、体育館が浸かってしまい練習が出来なかったこと、みんなの応援がうれしかったことなど体験したからこその魂のこもった言葉で宣誓を行ってくれ、大会長として宣誓を受けた私は、魂を揺さぶられ体が熱くなりました。「来てくれてありがとう、心を伝えてくれてありがとう」と言うのも精一杯でした。

参加者全員が「心」を寄付してくださり、レジェンド生もおこづかいやお年玉を寄付してくれ「たくさんになった心」をお渡しすることが出来ました。まだまだ生活の復興も、心の復興も長い道のりだと思いますが、私たちは、ずっと忘れることなく応援していきたいと思います。

Division気漏童、選抜、合同、全国大会出場チームで、ルールはほとんど一般ルールで行います。1日目はバックパスや、8秒ルール、24秒、ショットクロックなどに多くの笛がなりましたが、2日目にはすっかり対応してくる選手達にさすが・・と思いました。向上心、闘争心の高いチームが、高い能力の上に身につけたスキルで優勝を争うゲーム展開は本当に見ごたえがありました。

男子で優勝した南大阪は、リバンドからゴールまでの展開の速さ、つなぎ、アシストのパスの正確さ、ドライブの音、スピード、鋭さショットの種類等、さまざまなプレーのジョイントがすばらしく、すでに中学生のバスケットを身につけつつあると感心しました。

レジェンドの選手達はスキルの面でも、メンタル面でも、上には上がいることをまざまざと体感したと思います。

まだまだ書き足りませんが、年々質の高い選手を育て上げている全チームの監督・コーチの皆様に心から敬意を表します。

レジェンド松山コーチ一同大変勉強になりました。ありがとうございました。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック