HOME > レジェンド松山のブログ

うれしい出来事

今、レジェンドカップの準備でてんやわんやです。情けない限り・・・・。本当は余裕を持って行わなければならないのに理事長と

事務局の2名でやりくりしているため、なかなか・・・。この状況も打破したく、協賛金や寄付金のお願いをして回っているけどこれにも限度があり、かと言って参加費を上げるのは保護者に大きな負担をかけるし・・・で、スタッフを増やせず・・。

でも、自分の仕事を持ちながら、コーチ、スタッフが本当に大きなボランティア精神でもってカバーしてくださいます。

そして、保護者会の方々も自チームのお仕事があるにも関わらず、「レジェンドカップ実行委員会」を立ち上げ準備を手伝ってくださいます。後援会は協賛金を捻出してくださり、大会の前面には出ず、後方支援してくださいます。

本当にありがたいことです。24年間開催が出来たのは、この「レジェンド松山の総力」のおかげです。だから頑張れます!!

 

前置きが長くなりました。うれしいニュースとは、先日の練習に卒業生が来てくれました。

1人の男の子、いえもう男性ですが、レジェンドの「あかるく・すなおに・ひたむきに」を最も表現した優秀な選手で「言われなくてもやる、一流の選手」の心を持った子でした。自分を鼓舞し、人を鼓舞することが出来、その年はコーチとして、メンタル面の指導では大変楽をさせてもらいました。大会前に自チームで骨折しても、腕をつってレジェンドの練習に参加した子です。(もちろん練習はさせませんでしたが・・)今は膝を痛めており、「練習に参加は出来ないけど一緒に頑張ろう!」と練習中ずっと声を出し続けてくれました。こどもたちに刺激と元気をくれました。まだ声がなかなか出せない子・・・勉強になったね。

 

もうひとり・・・関東の大学4回生女子。今年実業団に行きます!と久しぶりに顔を見せてくれました。女性らしくかわいくなって・・。小学校からその才能が注目された選手で、レジェンドカップD・気罵ゾ,垢觚尭偉呂砲覆辰討れました。決しておごらず、いつも笑顔でチームの雰囲気を盛り上げてくれました。県外中学校からのオファーもありましたが地元の中学に進学、その中学校の名を上げ、県内屈指の高校か、県外の強豪高か迷い、その強豪高に進み約2年近くグランドの草引きも経験しながら3年でキャプテンとなり高校日本一を成し遂げました。大学でもW大を破り日本一になりました。

輝かしい栄光の裏にどんな苦労があったか、それでも笑顔を絶やさないM美をとても誇らしく思いました。この2人からたくさん、たくさんの元気をもらいました。顔見せてくれてありがとう!!

卒業生のみんな、それぞれ生き方は違うけど、自分なりにこつこつ頑張っていることが一番!どうか時間ができたらコーチ達に顔みせてね。まっています。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック